ホーム / 先輩より /

患者さまのQOLを改善するのが整形外科医の幸せ

患者さまのQOLを改善するのが整形外科医の幸せ

この記事を共有する

西條 裕介
平成27年杏林大学卒業

慶應義塾大学整形外科専攻医1年目の西條裕介と申します。

私は杏林大学出身で初期研修医を千葉県にある亀田総合病院で終えた後に入局させていただきました。

もともと内科志望で初期研修医を迎えたのですが、研修中に整形外科に魅了され、気づいたら整形外科医を目指していました。

整形外科を選んだ理由としては“歩けなかった人が手術により歩けるようになった”私はそこにやりがいを感じ整形外科の道を志しました。

単純なことのように見えますが、運動機能の低下は肉体的にも精神的にも相当苦しいものです。外へ出てまた運動したい、旅行がしたいなどの希望に添えるようなことができるのが整形外科の醍醐味だと思います。

また整形外科の特徴としては多彩なspecialityが存在する事だと思います。自分のキャリアを形成していく上でより多くの選択肢が用意されています。

慶應大学には各疾患の専門の先生はもちろんいらっしゃいますし、丁寧に教えていただくことも可能であります。

慶應大学整形外科は他大学出身者の方も多く入局しております。私もその中の一人ですが、なんの隔たりもなく優しく接していただいております。

実際入局して数ヶ月経ちますが、両教授・スタッフの先生・チーフの先生・同期・コメディカルすべての人々の人柄がよく医局全体もメリハリがあり雰囲気がものすごく良いのです。

私が入局した一番の理由もそこにあるかもしれません。

西條 裕介 杏林大学卒業

研究・臨床共にトップレベルを目指そうという医局全体の流れもしっかりしており、グローバルな視点で診療・教育が行き届いております。是非とも私たちと共に世界を目指しましょう。まずは気兼ねなく見学からどうぞいらしてください。

病院見学ツアー

交通の便 Easily accessible!

最寄駅:中央/総武線「信濃町駅」

駅から徒歩1分

新宿からアクセス抜群!5分

渋谷からアクセス抜群!14分

池袋からアクセス抜群!15分

この記事を共有する

コメントは締め切りました